誰に相談すればいい?自営業を始める際の強い味方とは?

開業から確定申告の仕方まで丁寧な指導がポイント

自営業を始める時に最も不安になる事は、税務署への開業に関する手続きや確定申告などが代表的な不安面になります。これまで会社員として働いていきている人の多くは、これまでは会社の総務や経理に任せてしまい自分では殆ど関与をしていなかった事を自分で行わなくてはいけなくなるのも自営業の特徴です。 青色申告会に所属をすると税務署への開業届などの書類から、青色申告によって確定申告を行えるように指導を定期的に行ってくれたり、相談に応じてくれるので開業前に最も不安になりがちな、確定申告に必要な記帳面や書類の作成方法まで丁寧に指導をしてくれますので、安心して本来の仕事に打ち込めますので、仕事を効率よくすすめるためには必要なことだといえます。

自営業に不足しやすい福利厚生面のカバー

自営業にとって確定申告などの経理面での不安な面を除いて考えると通常の会社員であれば、年に1回は行っていると思われる健康診断などの健康面での不安が考えられます。確かに自分でかかりつけの医療機関なで行う検査は費用的な面でみてもあまり得策とは言えませんが、青色申告会に入会をしていれば、定期健康診断を行ってくれる事からなかなか検査を行う気持ちはあっても、実際にはなかなか実行できないというのが本音だと思いますので行事として組み込んでくれているのは嬉しい配慮だといえます。 その他にも地域の青色申告会によって違いはありますが、会計ソフトなどの勉強会や青色申告会の会員になっている他の自営業主たちとの交流の機会を設けてくれたりするのも一人になりがちな職種だけに良い企画になります。

© Copyright Start Method. All Rights Reserved.